ブログ開設

今、小売業界が口を揃えて言うことは、「価格はそこそこでいいから、美味しい産物を探して欲しい」つまり、これは消費者が味に敏感になってきたことを意味します。そして、主婦層からも「美味しければ、栄養があって健康な野菜だと思う」という声が聞こえてきました。

 

生産者ゃ製造業は、消費者に届くよう自社食品の特徴をどんどんアピールし、その内容をもっと自信を持って伝えるべきではないかと思います。

私は生産者Oさんの栽培方法をアピールさせてもらっていますが、さらに一歩進んで、どの様に美味しい野菜ができるのか、その方程式を考え、伝えたくなりました。また、野菜の食味、残留窒素、総合糖度の因果関係を知るため検査サービスを始めました。(各産地でのデーターもご覧になれます。)

 

検査を重ねる中に、味覚テストでは味覚に優れた人を探す方法を発見しました。また硝酸窒素が低ければ必ず糖度が高いとは言えませんが、硝酸窒素が低く、糖度がそこそこのものは、かなりの確率で美味しく香りを強く感じることも分かりました。

各地の生産者さんのデーターとご自分のデーターを比べて、さらに向上心を持っていただければ幸いです。皆さんとともに誰もが納得できる方程式を考えていきたいと思います。

 

 

 

 

ネットショップ      写真を カチ!